2008年01月20日

タイトルを元に戻しました

久しぶりの更新です。

サイトタイトルを「ベスト・ロック、ポップ、ジャズ、クラシック・ブログ」に戻しました。

現在更新作業はしていませんが、このブログとホームページは残しますので、ご愛顧下さい。
posted by 春昼 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

ZARDの歌に詠まれる「君」「あなた」を坂井和泉に重ねて、彼女のことを永遠に記憶する

久々の更新です。アメトーークでケンドーコバヤシのだらしなさを拝見してから、再び音楽に対する情熱、興味が萌え上がってきました。

photo
Golden Best ~15th Anniversary~ (通常盤)
ZARD
ビーグラムレコーズ 2006-10-25
売り上げランキング : 6
おすすめ平均 star
star名曲はいつまでも輝いています。
starZARD
starZARD Golden Best 15th Anniversary
starこのベストは、これで良いですが…
starMay her soul rest in peace

Le Portfolio 1991-2006 What a beautiful moment ZARD BEST〜Request Memorial〜 君とのDistance 止まっていた時計が今動き出した

by G-Tools , 2007/07/01



「負けないで」、「君がいない」、「揺れる思い」、「もう少し あと少し」という慣れ親しんだ曲に出てくる「君」や「あなた」という代名詞。歌われる「君」が、坂井和泉その人ではないかと思えてきます。「君」や「あなた」に重なる彼女のことを「きっと忘れない」し、「こんなにそばに居るのに」と思うし、「あなたを感じていたい」と思う。歌詞が持っている代名詞の意味深さ、多様性を実感しました。「君」や「あなた」には、一人一人にとっての特別な存在を当てはめることができる。

また、彼女は「どんなに離れてても心はそばにいるわ」といつまでも歌ってくれています。彼女がこの世界からいなくなった後でも、音楽からは若々しい彼女の歌声が響いてきます。こうしてMixiの中だけでも毎日たくさんの言葉が保存されていますが、大量の言葉は書いた当人がこの世界からいなくなった後でも残り続けます。「朱い果実を見たら私のことを思い出して下さい」…もう二度と会えなくなってしまっては、生きていけなくなるほど哀しくなる人とすでに出会っている。

…彼女はいわゆるビーグラム系音楽の代表であり、一時期JPOPのスタンダード、代名詞的存在とまでなっていました。主流派中の主流派。極上のメインストリームの残滓…永遠に

2007年04月15日

ガンズ・アンド・ローゼス『ユーズ・ユア・イリュージョン』

photo
ユーズ・ユア・イリュージョンI
ガンズ・アンド・ローゼズ
ユニバーサルインターナショナル 2002-07-24
おすすめ平均 star
star怒涛のT
starパワー炸裂

by G-Tools , 2007/04/15



先々週くらい、外苑前の通りを「ガンズ14年ぶりの日本ライブ」告知カーが走っていました。それを見たみんなが「いきてえなガンズのライブ」と言っていました。やっぱり就職氷河期世代はみんなガンズファン。

僕にとってガンズで好きなのはこのアルバム。ガンズというかハードロックを聞き始めたのは、93年ごろなので、ファーストやセカンドより90年代初頭発表のこのアルバムの方がよかった。一番好きなのは、やっぱり1曲目。間奏に入るとアクセル・ローズが「ファックユーーー」とうなり、最後に「ビッチ」とはき捨てるように言う。この言い方がめちゃくちゃかっこよいというかふざけていて、好きだった。

振り返るとこの頃はメタリカのブラックアルバム、ガンズの2枚同時発売、スキッド・ロウの全米1位アルバム、ニルヴァーナのネバーマインドと、怒涛のごとく重要アルバムが発表されていました。アメリカンロックの音世界がハードロックからオルタナに変わっていく過程が聞ける最重要時期。やっぱりこの頃のアルバムが一番好きだ。
posted by 春昼 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

メタル年表風ベストアルバム

最近人気復興著しいヘビーメタルの自己ベスト的プレイリストをアイチューンで作ってみました。歴史順に名曲を並べたので、ヘビメタの歴史もわかる構成です。

1、Burn(1974)Deep Purple
2、Kill The King(1978)Rainbow
3、Prowler(19800414)Iron Maiden
4、Wrathchild(1981)Iron Maiden
5、The Hellion(1982)Judas Priest
6、Electric Eye(1982)Judas Priest
7、Screaming For Vengeance(1092)Judas Priest
8、Hallowed Be Thy Name(19820329)Iron Maiden
9、The Trooper(19830516)Iron Maiden
10、The Sentinel(1984)Judas Priest
11、2 Minutes To Midnight(19840903)Iron Maiden
12、I'll See The Light, Tonight(?)Yngwie J. Malmsteen
13、Eagle Fly Free(1988)Helloween
14、Thundersteel(1988)Riot
15、Daddy,Brother,Lover,Little Boy(1991)Mr.Big
16、Right Next Door To Hell(1991)Guns N' Roses
17、Garden Of Eden(1991)Guns N' Roses
18、Perfect Crime(1991) Guns N' Roses
19、Slave To The Grind(19910614) Skid Row
20、Smells Like Teen Spirit(19910924)Nirvana
21、Metropolis, Pt. 1: The Miracle And The Sleeper(1992)Dream Theater
22、Livin' On The Edge(1993)Aerosmith
23、Where The Rain Grows(19940828)Helloween
24、Sole Survivor(19940828)Helloween
25、Train Of Consequences(1994)Megadeth
26、Fly On The Wall(1995) Thunder
27、Burning Heart(1995)Fair Warning
28、When Love & Hate Collide(1995) Def Leppard
29、Nine Lives(1997)Aerosmith
30、Pollution(1997)Limp Bizkit
31、Christeen(1998)Devin Townsend
32、Blank File(1999)Sonata Arctica
33、Destiny(2001)Heavenly

名曲ぞろいの最強コンピだと思います。聞いていて泣きのメロディー溢れるかっこいい曲ずらり。ここにあと、メタリカのブラックアルバムからEnter Sandman(19910812)、ワイルドハーツのTV tan(1993)、ボンジョヴィのAllways(1994)を入れてもいいかも。

こうしてみると、80年代初頭と90年代初頭がものすごい時期だったことがわかります。80年代初頭はヘビーメタルの台頭期。アイアンメイデンとジューダスプリーストが競うように名曲を作っています。一方90年代前半のアメリカは核融合のごとく音楽が生まれている。ガンズ、スキッドロウ、メタリカ、ニルヴァーナとアルバム単位でたどるヘビメタからオルタナティブ創世への移動期。90年代後半にはメンバーチェンジで復活したハロウィンがいい曲創っているし、21世紀のメタルにも目が離せません。

さてこの中で一番の名曲は何か。難しいけれど、最もヘビメタ的美学で溢れている最強チューンは、やっぱりジューダスプリーストのザ・センチネル(邦題:死の番人)で決まり。ソニーの新ベストにも入ってないけど、「背徳の掟」所収のこの曲は、永遠のアンセムです。


photo
背徳の掟
ジューダス・プリースト
Sony Music Direct 2004-08-04
おすすめ平均 star
star名盤です!
starとにかく聴くべし!!!!
star非のうちどころなし!
star今、メタルの神に忠誠を誓う
starこれぞヘヴィ・メタル!!

復讐の叫び ブリティッシュ・スティール ターボ 背信の門 殺人機械

曲名リスト
  1. フリーホイール・バーニング
  2. ジョーブレイカー
  3. 鋼鉄の魂
  4. 死の番人
  5. 誘惑の牙
  6. イート・ミー・アライヴ
  7. 叛旗の下に
  8. 夜が来たりて
  9. ヘヴィ・デューティ
  10. 神への誓い
  11. ターン・オン・ユア・ライト(未発表曲)
  12. ヘヴィ・デューティ/神への誓い(ライヴ)

by G-Tools , 2007/04/08


posted by 春昼 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

今日から音楽好きの孫への話

今日からブログのタイトルもかえて、音楽好きの孫へ向けて話をしていこうと思います。といっても、私にはまだ息子も娘もいませんが、音楽の好きな何代にも渡る孫たちが、この話を読んで、21世紀初頭の音楽に思いをはせたら楽しかろうと思います。

音楽はいつでも人生に寄り添うもの。

ときにすばらしい音楽は体の疲れを飛ばしてくれます。涙を誘う曲もあります。何日も何日も繰り返し聴きたくなる音楽もあります。

いつになっても音楽はなくならないでしょう。
posted by 春昼 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

いきものがかり「桜咲く街物語」

photo
桜咲く街物語
いきものがかり 水野良樹 島田昌典
ERJ 2007-03-07
売り上げランキング : 37
おすすめ平均 star
starすごい・・・
star力強さ
star感動的な完成度のアルバム
starいいですね
starファーストアルバム、ずいぶん引っ張ったねー(笑)。

CAN'T BUY MY LOVE (初回限定盤)(DVD付) YES (初回限定盤)(DVD付) うるわしきひと/青春のとびら CHE.R.RY (初回限定盤)(DVD付) Scratch (初回限定盤)(DVD付)

by G-Tools , 2007/04/01



テレビのチャート番組で何度も「SAKURA」を聴き、強く惹かれました。この素晴らしい歌を歌っているユニットの名前が「いきものがかり」というちょっとふざけたような名前だと知り、ますますこのユニットは成功するなと思いました。

まず女性ボーカルの歌声がとってもいい。MISIAみたいな深い声でせつせつと歌ってくれます。なのに音楽はロックバンドっぽい、ギターとドラムがフューチャーされた編成。本格的なボーカルと昔から続く伝統的歌謡曲風ガールズ・ロック/ポップが融合した感じで、曲は伝統的ポップスなんだけど、新しいと思います。

曲がまたよい。ユーミンぽくも、筒美京平ぽくもある、メロディーの強い曲がずらり。それで歌がファルセットまで上手できれいだし、バックのギターやドラムもロックぽくてよい。次回作も大期待です。

最新アルバム「3121」を中心に、プリンスの活動を振り返る

photo
3121
プリンス
ユニバーサルインターナショナル 2006-03-20
おすすめ平均 star
star胸がすくような傑作
star気に入りました!
starフェティッシュな殿下を待っていたのです。
starあの頃のプリンスが戻ってきた。
star80.90,00のテイストが満遍なく

プリンス サイン・オブ・ザ・タイムス S.S.T./Brand New Orleans ヴェリー・ベスト・オブ・プリンス(完全生産限定スペシャル・プライス) モーフ・ザ・キャット アルティメイト・ベスト

by G-Tools , 2007/04/01



マイケル・ジャクソンの影のように活躍してきたプリンス久々の大傑作。マイケルの影と言っても、もちろんプリンスの実力、人気はものすごいし、楽曲のオリジナリティは彼唯一のものです。マイケル・ジャクソンと常に比較され、割と常にマイケルより低い評価が与えられていたように感じるプリンス。私はマイケル・ジャクソンより一層変態的、天才的作風のプリンスの方が圧倒的に好きでした。

90年代プリンスはレコード会社ともめて、独立。プリンスという名前も契約上使えなくなって、変な記号になります。名前が変な記号になるというのも実にプリンス的シュールな展開。こうして、ジ・アーティスト・フォーマリー・ノウン・アズ・プリンス(かつてプリンスと呼ばれていたアーティスト)は、90年代も野心的アルバムを作成し、かつインターネットでの音楽販売のさきがけなど、音楽業界での実験を続けますが、セールス的には低迷しました。



photo
Rave Un2 the Joy Fantastic
Prince
NPG/Arista 1999-11-09
おすすめ平均 star
starこんなの軽い、に違いない
star意外とさらっとしてて

by G-Tools , 2007/04/01




90年代最後には「Rave Un2 The Joy to Fantastic」という、80年代作風への回帰と呼べる、久々のポップな作品を発表したりもしました。80年代後半、ワーナーから過去に売れたアルバムの模倣を強要されたプリンスは、自身の創造性の発露が妨げられたことにより、悩んでいたのだと一般的には言われています。ワーナー独立後は、自由に音楽を創作し、発表する自由を手にしたのですが、かつてのファンからは、逆説的にも80年代の売れまくったアルバムの方が、創造的だったし革新的だった、しかも商業性と両立していたという評価を与えられてしまいます。「Rave Un2 The Joy to Fantastic」はプリンス自身が80年代の音楽を肯定し、自己回帰している作風で、商業的にも成功しましたが、斬新さはありませんでした。



photo
レインボー・チルドレン
プリンス
ビクターエンタテインメント 2002-02-06
おすすめ平均 star
star自分の子供の死を乗り越える
starさらに、ダメ押し!ただ今、殿下のいちばん
star神がかり的な完成度を誇る大作
starまるで熟した果実のようだ。
star傑作

by G-Tools , 2007/04/01





次作「レインボーチルドレン」でプリンスは一転し、ジャズに傾倒した実験的作品を発表します。アルバム製作前に子どもが亡くなったことで、宗教に傾倒したプリンスは、それまでのエロティックな歌詞を排し、自身の信仰を表明する歌詞を列挙しました。音楽自体も精神的、神秘的でポップさはなくなっています。このままプリンスは、こういう芸術的路線を突き進むのかと思いきや、レコード会社を大手ソニーに移し発表された次作、「ミュージコロジー」では一転して、ファンクでポップな作風に回帰し、商業的にも成功します。



photo
ミュージコロジー
プリンス
ソニーミュージックエンタテインメント 2004-05-19
おすすめ平均 star
star何度目かの復活
star久々の一撃!!!
starふつうに聞こえるけど実は。
starベタベタ
starまたしても○○な出来だが・・・

by G-Tools , 2007/04/01



「8121」は「ミュージコロジー」の延長にあり、かつ「ミュジコロジー」よりも音楽的に優れた内容となっています。曲には最盛期のプリンスらしい前衛で創造的な味付けがされているし、十分ポップだし、ブラック・ミュージックの歴史に連なっているし、出てきたばかりの20代のアーティストかと勘違いするくらいの新しさ、時代性も備えています。アルバム全体の完成度、統一性は久々にものすごい域に達しているし、音楽ファンならぜひ手にして欲しい良作です。
posted by 春昼 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

2006年のベストセレクション15曲

僕のitunes及びipodに入っている曲の中から、プレイリスト「2006年best」を創りました。

当初はレコード大賞みたいに2006年に発売された作品の中から選曲しようと思っていましたが、今年ダウンロードしたのはほぼ過去の作品なので、単純に、2006年に愛聴した作品の中からオムニバス的に15曲チョイス。

1、 パーフェクト・ワールド(Pizzicato Five『Singles』)
2、 悲しみをやさしさに(Little By Littleシングル盤)
3、 はなればなれ(クラムボン『best』)
4、 5!! モンキー(岡村靖幸『Me-imi』)
5、 RUNNING MAN(FISHMANS『空中ベスト・オブ・フィッシュマンズ』)
6、 サヨナラCOLOR(小泉今日子『厚木I.C.』)
7、 Out There(Dinosaur Jr『Where You Been』)
8、 素直(槇原敬之『Completely Recorded』)
9、 きみみたいにきれいな女の子(Pizzicato Five『Singles』)
10、 GUILTY(くるり『THE WORLD IS MINE』)
11、 Pretty World(小野リサ『Pletty world』)
12、 Life Goes On(2Pac『Greatest Hits』)
13、 ファミリーチャイム(岡村靖幸『Me-imi』)
14、 Beautiful Day(U2『All That You Can’t Leave Behind』)
15、 Let Down (Radiohead『OK Computer』)

ほとんど邦楽聴いていないんだけど、何故かベストアルバムを創ると15曲中11曲が日本語の歌で、大量にぶちこんだクラシックもジャズも入っていません。言葉が与える印象の力強さを感じます。

というわけで、2006年度一番の出会いはピチカートファイブ。ピチカートの素晴らしさに今にして気づけたことに感謝です。年末は彼らのシングルベストを何回も聴いていたけれど、数ヶ月ぶりに聴くと、以前は気にも留めなかった曲が素晴らしく聴こえてくる。音楽は聴く度に、聴き取れる要素が変わっていきますね。

photo
singles
pizzicato five 小西康陽 福富幸宏
コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-03-31
おすすめ平均 star
starピチカートファイブが世にあった良き時代。
star癒しの空間

PIZZICATO FIVE JPN さ・え・らジャポン 超音速のピチカート・ファイヴ+最新型のピチカート・ファイヴ+レディメイドのピチカート・ファイヴ PIZZICATO FIVE pizzicato five I love you

by G-Tools , 2007/01/04


posted by 春昼 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

グレン・グールドのバッハ

photo
バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
グールド(グレン) バッハ
ソニーミュージックエンタテインメント 2004-11-17
おすすめ平均 star
star一度聴いてみて下さい
starバッハとグールド、ふたりの創造力に胸打たれる演奏のひとつ
starぞくぞくするピアニスト
starバッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年デジタル録音)
star旧盤は越えられなかった‥。

バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1955年モノラル録音) ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集 モーツァルト:ピアノソナタ集 バッハ:平均律クラヴィーア曲集 イマージュ

by G-Tools , 2006/12/23



グレン・グールドのバッハはいわゆる文化人と言われる人たちに大人気だけれど、自分はその音楽のよさがわからなかった。グールドの演奏は現代的だとよく言われる。僕は19世紀的なロマン主義にどっぷり浸かっている英雄の演奏が好きだったから、グールドの演奏を聞いても耳から音がこぼれ落ちていた。

聴くものがなかったから何気なくアイポッドをグールドにあわせたら、初めてその音楽のすばらしさを知ることができた。重さがない、軽く突っ走っていく演奏。きらきらきらきら進んでいく。スピードに乗るところは飛ばして、自由自在。19世紀のことなんか忘れてしまう。
posted by 春昼 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンキー・ビジネス~ツアー・エディション

photo
モンキー・ビジネス~ツアー・エディション(DVD付)
ブラック・アイド・ピーズ ジャスティン・ティンバーレイク Q-ティップ
ユニバーサルインターナショナル 2005-08-31
おすすめ平均 star
star最高−−^^

プリンセス・ファーギー:THE DUTCHESS(初回限定特別価格) 続 猿伝説。~裏ベスト:リネゴシエイションズ エレファンク Elephunk エレファンク

曲名リスト
  1. パンプ・イット
  2. ドント・ファンク・ウィズ・マイ・ハート
  3. マイ・スタイル(feat.ジャスティン・ティバーレイク)
  4. ドント・ライ
  5. マイ・ハンプス
  6. ライク・ザット(feat.Qティップ,タリブ・クウェリ,シー・ロー&ジョン・レジェンド)
  7. ダム・ディドリー(feat.ダンテ・サンティアゴ)
  8. フィール・イット
  9. ゴーン・ゴーイング(feat.ジャック・ジョンソン)
  10. ゼイ・ドント・ウォント・ミュージック(feat.ジェイムス・ブラウン)
  11. ディスコ・クラブ
  12. ベボー
  13. バ・バンプ
  14. オーディオ・ディライト・アット・ロウ・フィデリティ
  15. ユニオン(feat.スティング)
  16. ドゥ・ホワット・ユー・ウォント
  17. イフ・ユー・ウォント・ラヴ
  18. メイク・ゼム・ヒア・ユー
  1. ドント・ファンク・ウィズ・マイ・ハート(PV)
  2. ドント・ライ(PV)
  3. EPK映像(インタビューほかエレクトリック・プレスキット映像)

by G-Tools , 2006/12/23



ひたすら陽気で軽薄な王道ポップ・ヒップホップ。女性メンバーの声も陽気でエンターテインメントな雰囲気ばりばり。

久々にこういうポップスど真ん中の陽気な音を聴きました。ノンジャンルでかつバカ元気。最後にはスティングとの競演もあり、豪華絢爛、古きよき華の世界。
posted by 春昼 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(1) | ヒップホップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。